フレッツ光メンバーズクラブのポイント交換で回線確認ができない

契約回線確認ができない場合は「認証キー」方式を試して下さい

フレッツ光メンバーズクラブポイント交換には、登録を行ったフレッツ光の回線から申し込む必要があります。以前はこの制限は無かったのですが、不正ポイント交換のために設けられた制限です。今回、電子マネーに交換しようと、「契約回線確認」を行いましたが、何度やってもエラー画面が表示されます。「契約回線確認ページへ」というリンクをクリックしても当然エラーです。

まずは、「接続サポートページ」を確認します。IPv6でアクセスしていないために不具合があることはわかっていましたが、使っているプロバイダがIPv6未対応のため、IPv4での接続方法を試します

ルータの管理画面でPPPoEの設定を行います

接続名 flets(任意の文言)
ユーザ名 guest@v4flets-east.jp
パスワード guest

次にドメインルーティングの設定を行います。

宛先ドメイン名 *.v4flets-east.jp
接続先 flets(上記の接続名)

一応ルータを再起動してみますが、同じエラー画面が表示されました。マルチセッションで接続していたため、メイン回線を切断し、シングルセッションに変更。これでもエラー画面です。

Chromeのエラーを見ると「DNSルックアップでエラーが発生したため」とあるので、クライアント端末のDNSを手動設定

プライマリ 123.107.190.5
セカンダリ 123.107.190.6

これで名前解決はできるはずです。コマンドプロンプトで、www.v4flets-east.jpをチェックすると、正常にIPアドレスが返ってきました。これで問題無いだろうと再度チェック。やっぱりエラー画面が表示されます。

さすがに方法がわからないため、NTT東日本に電話をしました。上記のやったことを伝えると、これ以上のサポートはできないとの判断で、回線認証が不要で交換できるような案内を送っていただきました。無事ポイント交換はできました。

IPv6はあまり普及していないと思っていたのですが、意外とIPv6でアクセスできるユーザが多いということなのでしょうか?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check
  • 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中
  • にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

フレッツ光メンバーズクラブのポイント交換で回線確認ができない” への1件のコメント

  1. ピンバック:フレッツ光メンバーズクラブのポイント交換で「認証キー」方式が追加されている | 菊地崇仁ブログ「ポイ探社長のブログ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です