Mac OS X Mountain LionでWinSCPを使えるようにする – WinSCPの設定・起動

Mac OS X Mountain LionでWinSCPを使えるようにするには、まずWineBottlerをインストールする必要があり、前回はWineBottlerのインストール、起動までを説明しました

今回は、WineBottlerからWinSCPを起動するところまで説明したいと思います。

3.文字化け対策

WinSCPをそのまま起動できるようにすると日本語フォルダ等が文字化けするようです。ライセンス的に微妙ですが、C:\Windows\Fontsの中にある下記のフォントをMac OS Xにコピーします。WindowsからMacへファイルをコピーするときにはDropboxを使うと便利です。

C:\Windows\Fontsの表示名 ファイル名
Microsoft Scans Serif 標準 micross.ttf
MS ゴシック 標準 msgothic.ttc
MS 明朝 標準 msmincho.ttc
Wingdings 標準 wingding.ttf

コピー先は下記のディレクトリになります。

/Applications/Wine.app/Contents/Resources/share/wine/fonts

あまりMacは詳しくないので、/Applications配下のディレクトリへのアクセスの方法がわかりませんでしたのでターミナルでファイルをコピーしました。Finderでコピーできるのでしょうか?

まずは、Dropboxで移動した.ttc、.ttfファイルをデスクトップに配置します。次に、ターミナルでDesktopディレクトリに移動し、rootに。

$ cd Desktop
$ su
Password:
#

最後にファイルを移動します。

# mv *.ttf /Applications/Wine.app/Contents/Resources/share/wine/fonts/
# mv *.ttc /Applications/Wine.app/Contents/Resources/share/wine/fonts/

これで文字化け対策は終了です。

4. WinSCPのダウンロード

WinSCPのサイトから「Portable executables」を選択し、ダウンロードします。

5.WineBottlerの設定

ようやくWineBottlerの設定を行います。WineBottlerを起動している状態で、左メニューにある「Create Custom Prefixes」を選択します。

「Install File」の横にある「select File…」をクリックし、ダウンロードした「WinSCP.exe」を選択します。「Copy only. Select this, if the File is the actual executable」のチェックを入れ(インストーラー形式でないためにチェックが必要です)、「Runtime Arguments」に「/ini=winscp439.ini」と入力します。439はWinSCPのダウンロードしたバージョンです。入力が終わったら「Install」ボタンをクリックします。

正常に終わると「Prefix created successfully.」が表示されます。

6.WinSCPの起動

Finderのアプリケーション内にあるWinSCPのアイコンを起動します。

正常に起動するとWinSCPのログイン画面が表示されます。「New」で接続したいホスト等を入力してください。

「Login」ボタンをクリックすると正常に動作することがわかります。

これでWindowsからMacに完全移行も可能です。と言っても、すべてのソフトが起動できるとは限りませんので、しばらくは併用になると思います。

 

参考URL:MacでWinSCPを動かす。WineBottler。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check
  • 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中
  • にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

Mac OS X Mountain LionでWinSCPを使えるようにする – WinSCPの設定・起動” への1件のコメント

  1. ピンバック:Mac OS X Mountain LionでWinSCPを使えるようにする – WineBottlerのインストール | 菊地崇仁ブログ「ポイ探社長のブログ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください