ヘラクレスオオカブトの幼虫を買ってみた

ヘラクレスオオカブトのフィギュア長男がカブトムシクワガタムシが大好きなので、去年カブトムシを捕りに行きました。私は北海道出身のため、子供の頃にカブトムシを捕まえたことがなく、去年初めてカブトムシを捕まえました。日本には、2種類のカブトムシしかいないと思いますが(国産カブトムシ、タイワンカブト)、世界中にはたくさんのカブトムシがいます。長男は図鑑を見て、いろいろなカブトムシを知っているため、一番大きなヘラクレスオオカブトを見せてあげたいと思い、せっかくなので幼虫から育ててみようと思いました。ちなみに、写真はフィギュアです

ヘラクレスオオカブトの2令幼虫軽い気持ちで買ってみたのですが、2令幼虫というものらしく、意外と小さい幼虫が届きました(ノギスの使い方は間違っていますが、サイズがわかるように使っただけです)。この2令幼虫の場合は雌雄の判定ができないようですので、3令幼虫(最後の脱皮?)の時に判断できるようです。

室内温度は30度以下で、1~1.5年で羽化するとのこと。国産カブトムシのサイクルと同じように、この夏に成虫になると思っていたのですが違ったようです。また、アマゾンにいるヘラクレスオオカブトが30度以下って違和感があったのですが、アマゾンの気温を調べると30度前後なんですね。日本の夏のほうが気温が高いのに驚きました。

育てるときの注意点としては、土の乾燥、土の交換だけでしょうか。どれだけの頻度で霧吹きを使うのか、土を交換するのかはよくわかりませんが、何とか育てて行きたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check
  • 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中
  • にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください