ジャックスとリンク・プロセシングがスマートフォン決済「Anywhere」サービスの普及で連携

リンク・プロセシングのAnywhereジャックスとリンク・プロセシングがスマートフォン決済「Anywhere」のサービス普及で提携しました。最近、スマートフォン決済に関するニュースが多いですが、リンク・プロセシングが提供する「Anywhere」に関しては、イヤホンジャックに挿すのは同じですが、端末が大きい(ケーブル接続)ところが違います。

手数料はシステム利用料が無料なスタンダードプランで3.48%+10円/件とSquareが日本進出するまではなかなか良いレートかなと思いますが、現在は少し高く感じるレートです。

他のサービスとの違いは、JCB、AmericanExpress、ダイナースは個別契約で決済できるようですので、Square、Coiney、PayPal Here、楽天スマートペイよりは日本向きかもしれません。

システム利用料を月2,000円支払うプロフェッショナルプランの場合は、決済手数料が3.2%+10円/件となりますので、決済額が多い企業はプロフェッショナルプランのほうがお得です。

ただ、初期費用が36,500円と他のサービスよりも高く、端末も持ち運ぶには大きい、少額決済の場合の+10円はかなりの率になるということを考えると、JCBやAmericanExpress、Dinersの決済も導入したいという場合以外には、導入するメリットが無いかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check
  • 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中
  • にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です