プラチナカードのほうがゴールドカードよりも保有年齢層が若い

ザ・クラス(JCB)本日、クレジットカード会社の方とお話する機会がありました。その時の話の中で、実はプラチナカード保有者とゴールドカード保有者の平均年齢を見ると、プラチナカード保有者の方が平均年齢が若いということです。ただ、なぜプラチナカードの方が年齢層が若いのかどうかは分析していないようです。そのカード会社だけの傾向かもしれませんが、なかなかおもしろいデータです。

そのカード会社はゴールドカードプラチナカードも30~40代をターゲットにしているとのことでしたので、子供がいる事を前提としてサービスを考えてほしいと伝えてみました。

例えば高級レストランを2名で予約すると1名分が無料になるというプラチナサービスがあるとします。しかし、30~40代で小さい子供がいる人は、このサービスってほとんど使えません。私もサービス自体は知っていますが、両親が食事している間、子供をどうするの?と言う事になり、一度も使ったことはありません。全てのレストランで託児施設など用意できませんので、ベビーシッター会社と提携しても良いのかなと思います。

その他、同伴者1名までラウンジが使えます、と言うサービスも、我が家は子供が3人ですので両親+子供2人までしか入れず、1人どうするの?ということになり、三男が大きくなった時は結局1人分のラウンジ利用料が必要です。

小さい子供の場合は家族カードも持てませんので、プラチナサービスを使いこなすことは難しいです。30~40代をターゲットにするのであれば、この辺りを改善してもらいたいなと思います。もちろん、対象者がシニア層であれば、子供もそれなりに大きくなっていますので、プラチナサービスは使いこなせると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check
  • 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中
  • にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください