子供が小学生になったらScanSnap+Evernoteでプリント管理を iX100の場合はどこでもスキャン可能

紙の資料を全てデジタル化前回、ScanSnap iX100とEvernote+Eightで全ての書類をデータ化+検索可能にという記事を書きました。

あらゆるポイントカード、クレジットカード、デビットカード、プリペイドカードの紙データをスキャンし、Evernoteに入れて全文検索できるようにしています。全てのカードの約款等もデジタル化。なぜ、資料をデジタル化するのかというと、webページには掲載されていないような情報も、紙には書かれているからです。

最近は、これ以外にも子どもが学校から持って帰ってくるプリントを全部スキャンするようにしています。これがものすごく便利ですので、紹介したいと思います。

学校から様々なプリントを持ち帰り、毎日全てのプリントに目を通していますが、今週の予定や来週の予定、中には1ヶ月先の予定など書かれているものもあります。さらに、「明日は○○がありますが、詳細は第△号を御覧ください」というような場合も。

プリントを時系列に並べておいても、毎日たくさんのプリントがある中、そのプリントを探すのは大変な作業です。これを全てスキャンして、Evernoteで管理していると、「○○」を検索するだけでその号を見つけることができるのです。検索でヒットしたノートを見ていくと、検索ワードはハイライトされているためすぐに目的の箇所を発見できるでしょう。

ScanSnap Cloudで自動判別プリントは毎日スキャンする必要があるため、私が保有しているScanSnapはiX100というモバイルタイプのものです。Wi-Fi接続でき、スマートフォンアプリからもスキャンできるため、子供部屋でアプリを使ってスキャン。ScanSnap Cloud(別途登録・設定が必要)を通して自動的にEvernoteと同期。これで、スマオートフォン・PC・タブレットと、どのデバイスでも検索することができるようになります。

学校の行事に参加する時に、学校についてから「今日の場所はどこだったかな?」と思っても、スマホで検索すればすぐにわかります。

ただし、個人情報が掲載されているものをスキャンするときには注意してください。Evernoteのようなクラウドで管理するにはリスクもあるため、個人情報をネットに保存したくない(誰にでも公開されるわけではない)という人は個人情報以外の情報だけスキャンするようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check
  • 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中
  • にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です