シリコンキャップ(水泳帽)に名前を消えないように書く方法

悩んでいる方も多いと思いますが、シリコンキャップ(水泳帽)に消えないように名前を書く方法です。

子供の学校ではシリコンキャップに大きく名前を書くことになっています。1年生の時には、マジックで書いた後に学校で名前をコーティングしてくれたため水泳授業の後も消えなかったのですが、数年経ってコーティングが剥がれてきました。

水泳授業後に消えているの油性ペンで書く。次の水泳授業の後にはまた消えていると言う状態。

ネットで調べると油性顔料インクのペンが良いとのことで「ゼブラ マッキーPro細字 特殊用途DX 黒」を購入しましたが、やはりスイミング後には消えました。

そこで、コーティング剤が何が良いのかを調べてみましたが、今のところ「セメダイン 超多用途接着剤 スーパーX クリア」が良いのかなと思っています。

本当は接着剤ですので、素材と素材をくっつける物です。数ヶ月前に食器が割れたときに使ったのですが、毎日洗ってもずれることもなく、完全に固定されています。

これだけ水に強いのであれば、インクの上から薄く塗って乾かせばインクは消えないと思い実験。1回の水泳授業だけですが、見事にクリア。

次男も今年から1年生で同じ水泳帽となっているため、同じようにやってみました。

まずは、油性ペンで水泳帽に名前を書きます。続いて、文字の上にセメダインをつけていきますが、少しずつつけるのがポイントです。文字に沿ってチューブを押すというよりは、文字の上を等間隔で点・点とつけていくイメージ。

セメダインに同梱されている刷毛で少しずつ伸ばしていきます。文字全体をコーティングできた場合は、何も触れない状態で2日程度乾かします。実際には数時間でベタベタ感はなくなりますが、接着剤ですので、完全に乾かした方が良いでしょう。

少しわかりにくいかもしれませんが、こんな感じです。少し文字の周りに光沢がでます。

油性ペンだけで消えないように書くのはいろいろ調べてみましたが難しいと思います。

セメダインでなくても水に強い物であれば良いため、透明のマニキュアなどでも良いかもしれません。マニキュアの方が塗りやすいかもしれませんので、どなたか実験して効果を調べてみていただけるとうれしいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check
  • 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中
  • にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です