WordPressのチューニングでwp-cron.phpを手動実行する時の注意点

以前、WordPressの負荷が上がっており、様々なチューニングをしました。

まず、サーバのチューニングでOPcacheを有効化。続いて、W3 Total Cacheをインストールします。ページがキャッシュされて高速になります。

また、wp-cron.phpを手動で更新するように設定。wp-config.phpの一番上に

define (‘DISABLE_WP_CRON’, ‘true’);

を記述します。次に、定期的な実行を行うためにcrontabでwp-cron.phpを実行するようにします。このwp-cron.phpはサイトにアクセスがあるたびに実行されるため、それなりにアクセスがあるサイトの場合は負荷が高くなります。

  1. OPcacheでPHPファイルの高速化
  2. W3 Total Cacheのプラグインでページやオブジェクトなどのキャッシュ化
  3. wp-cron.phpを定期的に実行

これで安定した運用ができていました。

(さらに…)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check
  • 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中
  • にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ