エアアジア搭乗記 – 片道で予約するのがポイント

エアアジア出張でマレーシアに行って来ました。初めてLCC(エアアジア)を利用しました。ANAのマイルで行こうと思ったのですが、クアラルンプールまではANAの直行便がないため、直行便を調べてみると、JALやエアアジアがあり、羽田国際空港発着のエアアジアを選びました。成田空港よりも近いため、深夜発、深夜着でも自宅まで帰りやすいです。

エアアジアの予約のポイントとしては、往復で予約しない事。行き・帰りで予約すると、なぜか少し安くなります。たぶん、為替の影響だと思います。復路のクアラルンプールから羽田までの予約は、マレーシアリンギットを日本円に変換するとき、レートがちょっと良いのだと思います。そのため、羽田⇔クアラルンプールで予約するより、羽田⇒クアラルンプール、クアラルンプール⇒羽田で予約したほうが数千円お得になります。

LCCは荷物を預ける、事前座席の予約を行う、ご飯を予約するなど、すべて選択でき、選ばなければその料金は発生しないという合理的な運用となっています。今回は、少しでも快適にと思って、事前座席予約を行いました(1,500円)。足下の広い席(ホットシート)は赤い色が付いていて、事前座席予約の料金も高くなります。非常にうまく考えられています。

今回は危険な賭けかもしれませんが、わざとど真ん中を選びました(青枠の部分)。横一列誰も予約していないのと、前後の席が誰も予約していないのを確認して予約します。

エアアジア座席表

日本の航空会社の場合は、チェックイン時に何も言わない場合は窓側から埋めてくれます。LCCはどうなのかわかりませんが、同じ考えの場合は窓側から埋まっていくため、満席でない限り、青枠の座席の横2席に人が来る可能性は少ないはずです。また、上のように予約すると、事前座席指定をする場合に、前後の座席を選択してくる人もいないと思いました。通路側のほうがトイレにも行きやすいですから。

実際に搭乗する時間になります。ゲートが空いて、ぞろぞろと人が並んでいるのを見て、「負けたかな」と思いました。そのくらい人が多く見えました。席に座っても続々と搭乗者が入ってくるため、ちょっと落ち着かなかったのですが、乗ってくる人ほとんど後ろの座席に行っていましたので、事前座席指定を行わないと後ろから埋めていくのでしょうか。結局、前の席に1人通路側に座りましたが、真ん中ですので、シートをたされても平気です。ただ、両脇の席に誰もいませんでしたので、結局3席使うことが出来ました。

復路は、なぜか真横に1人座っていてびっくりです。前後のシートは3席ともに誰も座っていないにもかかわらず…。座席番号を間違えただけだと思うのですが、誰も乗ってこないのを確認してから、前の席に移動しました。今回は、満席では無かったので、このような予約をしても平気でしたが、満席であれば、ど真ん中の席を予約すると後悔していたでしょう。

次回は羽田国際空港について、エアアジアはトラップが多い等を書いて行きたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check
  • 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中
  • にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

エアアジア搭乗記 – 片道で予約するのがポイント” への3件のコメント

  1. ピンバック:東南アジア路線は異常に寒い – ダウンジャケットを上手く利用する | 菊地崇仁ブログ「ポイ探社長のブログ」

  2. ピンバック:外貨両替は海外キャッシングがおすすめ | 菊地崇仁ブログ「ポイ探社長のブログ」

  3. ピンバック:クアラルンプールで人気のスーパーマンTシャツ | 菊地崇仁ブログ「ポイ探社長のブログ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です