ワイルドカードSSLのCSR作成方法

ワイルドカードSSLを取得する際にCommon Nameの書き方で迷ったことがありますので、今回はワイルドカードSSLのCSR作成方法を書こうと思います。特に複雑なことなどはありませんので、個人的な備忘録です。

まずは、秘密鍵を生成します。今回取得するワイルドカードSSLのドメインをpoitan.jpとし、入力箇所は太字で記述します。

# cd /etc/httpd/conf
# openssl genrsa -des3 -out ./ssl.key/poitan.jp.key 2048
.........................................+++
.................................................++++
e is 65537 (0x10001)
Enter pass pharase for ./ssl.key/poitan.jp.key: パスワード
Verifying - Enter pass phrase for ./ssl.key/poitan.jp.key: パスワード

次にCSRを作成します。注意点はCommon Nameを「*.poitan.jp」とすることです。「poitan.jp」等を指定すると「CSR does not contain a wildcard domain as expected」とエラーメッセージが表示されます。

# openssl req -new -key ./ssl.key/poitan.jp.key -out ./ssl.csr/poitan.jp.csr
You are about to be asked to enter information that will be incorporated
into your certificate request.
What you are about to enter is what is called a Distinguished Name or a DN.
There are quite a few fields but you can leave some blank
For some fields there will be a default value,
If you enter '.', the field will be left blank.
-----
Country Name (2 letter code) [XX]:JP
State or Province Name (full name) []:Tokyo
Locality Name (eg, city) [Default City]:Chuo-ku
Organization Name (eg, company) [Default Company Ltd]:POITAN
Organizational Unit Name (eg, section) []:Engineering Department
Common Name (eg, your name or your server's hostname) []:*.poitan.jp
Email Address []:

Please enter the following 'extra' attributes
to be sent with your certificate request
A challenge password []:
An optional company name []:

Webサーバの設定に関しては通常の設定で問題ありません。RapidSSLを使っている場合は「RapidSSLのクロスルート設定」もご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check
  • 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中
  • にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください